ごあいさつ

院長挨拶

当院は先代の院長が市内宮下19丁目に開業し、その後現在地に移転し、さらに現院長が札幌医大産婦人科講師を辞して継承し、計60年が経過しました。現在は分娩の取り扱いは行っていませんが、特に体外受精を含む最新不妊治療に力を入れております。不妊治療以外にも、一般婦人科、子宮がん検診などに日本、欧米の最新知識、技術を提供し、旭川、道北そして北海道の婦人科医療に貢献していきたいと考えています。

みずうち産科婦人科 院長:水内 英充

院長略歴

  • 1976年
  • 札幌医大卒業
  • 1976年
  • 同大産婦人科学講座 大学院 入学
  • 1980年
  • 同大学院卒業 医学博士取得
  • 1988年
  • 札幌医大産婦人科 講師
  • 1989年
  • ジョージ・ワシントン大学(アメリカ・ワシントンDC)留学
  • 1994年10月
  • 札幌医大産婦人科 講師退職
  • 1994年11月
  • 旭川にて開業

院長の書籍

当院 院長が執筆した“妊娠力を高める最新不妊治療214のポイント”が2016年9月23日刊行されました。受付、書店、ネットで販売しております。

資格・加入学会

  • 医学博士
  • 母体保護法指定医
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医(No:319)
  • 日本生殖医学学会会員
  • 日本受精着床学会会員
  • 日本IVF学会会員
  • アメリカ産婦人科学会(ACOG)会員
  • アメリカ癌学会(AACR)会員
  • アメリカ生殖医学学会(ASRM)会員
  • ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE)会員
  • 日本癌治療学会会員
  • 日本東洋医学会漢方専門医
  • 日本更年期医学会会員
  • 日本婦人科腫瘍学会 会員
  • A-PART会員
  • 良導絡博士

北海道新聞の取材を受け、当院が紹介された記事

  1. 1997年6月1日 旭川医大以外で初の体外受精の妊娠、分娩成功 地方版
  2. 無痛分娩の記事(以前分娩を扱っていた時期の記事) 地方版
  3. 病院でのアロマセラピーの応用についての記事(分娩を扱っていた時、旭川で最初に日本アロマセラピー学会認定施設に指定されました)全道版
  4. 院長が不妊症の本("不妊治療の142のポイント")を出版した記事 地方版
  5. 2008年1月30日"病院でISO 取得増加 患者満足度向上へサービス強化"(産婦人科で北海道では2番目、旭川では初めてISOを取得したため取材を受けた時の記事)全道版
  6. 2011年12月14日"子宮頚がん予防 道北でもワクチン助成" 地方版

その他の取材

  1. 2010年8月12日号 週刊誌 女性セブン“更年期障害で行く女性が選んだいい病院” 全国版
  2. 2010年12月16日号 週刊誌 女性セブン更年期ハンドブック 全国版

TVの取材を受け院長が出演した番組

  • UHB スーパーニュース 特集「不妊治療」不妊治療のため当院に通院する地方にお住まいの患者さんのドキュメンタリー・・この41歳の方はその後当院で体外受精を行い、妊娠、分娩しました(7分)
  • NHK ネットワークニュース北海道東川の不妊治療の助成について・・後に全国放送されたようです 不妊(5分)

英文論文

  • Identification of transferrin receptor in cervical and endometrial tissues:Mizuuchi.H et al. Gynecologic Oncology ,31,292(1988)
  • Clinical implication of K-ras mutation in malignant epithelial tumors of the endometrium:Mizuuchi.H et al. Cancer Research, 52:2777,1992
  • High incidence of point mutation in K-ras codon 12 in carcinoma of the fallopian tube.Mizuuchi.H et al. Cancer. 1995 Jul 1;76(1):86-90.
  • その他多数

国際学会発表

  • Correlative light and scanning electron microscopy in endometrial cytology第7回国際細胞診学会. ミュンヘン(ドイツ). 1980
  • Identification of T cell subsets and B cell infiltrating in endometrial cancer tissues.国際産婦人科学会. 西ベルリン(ドイツ) 1985
  • Identification of transferrin receptor,EGF receptor and S phase cells in normal and cervical malignant tissues.国際子宮頚部コルポスコピー学会: サンパウロ(ブラジル) .1987
  • Clinical implication of K-ras mutation in malignant epithelial tumors of the endometriumアメリカ癌学会, サンディエゴ(アメリカ) 1992
  • その他…

シンポジウム

  • 免疫学的手法を用いた細胞・組織化学の意義: 第26回日本臨床細胞学会 1987
  • 子宮体癌における増殖、浸潤に関する検討: 第24回日本臨床電子顕微鏡学会 1992

ISO 9001 : 2008の認証を取得(2007.8-2016.5)

国際標準化機構ISO 9001:2000を内科や外科を含め3400ある北海道の診療所で2番目に認定されました。旭川では病院を含め2番目です。ISOとは世界148か国が 加盟している国際団体で、国際的に通用する規格の制定を行っています。規格の意味でも使われます。現在、ISO 9001:2008の認証を取得しています。 ISO 9001:2008の取得は一般企業ではめずらしくないものとなっていますが、上記のように医療分野ではまだ認定されている病院、診療所が少ないのが現状です。当院は、婦人科、不妊治療について、第三者機関である登録審査機関の審査を受け、日本、イギリスの認証を受けました。これは当院の医療システムの質が評価されたということであります。病院の質の評価としては、他に日本病院機能評価機構による評価がありますが、これは日本の国内基準であり、一度取得すると定期審査がありません。一方、 ISOは国際基準であり、第三者による1年に1回以上の定期的なシステムの改善状況の審査を受けなければならず、取得後も常に改善を検討していかなければ なりません。日本病院機能評価機構は内部監査がありませんが、ISOは内部監査もあり、その認証を維持していくことは日本病院機能評価機構より厳しいシス テムになっていますが、その分、医療の質を維持、向上させていくには有効な評価法と言えると思います。ISO 9001:2008を取得し、システムを構築して行くことにより、職員全員が目標を持ち、個々がその目標達成のため努力しなければなりません。目標は達成 されたか定期的に内部監査や第三者による登録審査機関がチェックしますので、これが職員の資質の向上につながり、ひいては患者様を中心とした質の高いチーム 医療を実践することが可能となります。もちろん病院自体のシステムが患者様に満足していただけるような質の高い医療やサービスが提供されているかも毎年審 査されます。本州の不妊治療施設ではすでにISOを取得している施設がいくつもありますが、北海道では全診療科を含めても非常に少ないのが現状です。今後は診療レベルの向上のためにもこの審査を受ける施設が増えてくると思います。

北海道新聞2008年1月30日(水) 全道版に"病院もISO 9001.2000の認証を取得する時代になった"という記事が掲載されました。当院も取材を受け、その取り組みが紹介されました。上記のように2007年に北海道の診療所として2番目にISOを取得しましたが、約10年間毎年受けていた審査でも問題点は指摘されず、ISOの品質マネジメントシステムは毎日の業務の中に浸透しており、職員一同充分理解していると判断し、ISOの継続、審査を辞退することにいたしました。外部からの審査は終了しましたが、内部監査は従来通り行っていきますので、これまでと変わりない診療の向上を目指していきます。2016.6.2

ページ上部への矢印