院長略歴

1976年 札幌医大卒業
1976年 同大産婦人科学講座 大学院 入学
1980年 同大学院卒業 医学博士取得
1988年 札幌医大産婦人科 講師
1989年 ジョージ・ワシントン大学(アメリカ・ワシントンDC)留学
1994年10月札幌医大産婦人科 講師退職
1994年11月旭川にて開業

資格・加入学会

医学博士
母体保護法指定医
日本産科婦人科学会専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医(No:319)
日本生殖医学学会会員
日本受精着床学会会員
アメリカ産婦人科学会(ACOG)会員
アメリカ癌学会(AACR)会員
アメリカ生殖医学学会(ASRM)会員
ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE)会員
日本癌治療学会会員
日本東洋医学会漢方専門医
日本更年期医学会会員
日本婦人科腫瘍学会 会員
A-PART会員
良導絡博士

北海道新聞の取材を受け、当院が紹介された記事

1.1997年6月1日 旭川医大以外で初の体外受精の妊娠、分娩成功 地方版

2.無痛分娩の記事  (以前分娩を扱っていた時期の記事)  地方版

3.病院でのアロマセラピーの応用についての記事
(分娩を扱っていた時、旭川で最初に日本アロマセラピー学会認定施設に指定されました)  全道版

4.院長が不妊症の本  (“不妊治療の142のポイント”)を出版した記事  地方版

5.2008年1月30日 ”病院でISO 取得増加 患者満足度向上へサービス強化”
(産婦人科で北海道では2番目、旭川では初めてISOを取得したため取材を受けた時の記事)  全道版

6.2011年12月14日  “子宮頚がん予防 道北でもワクチン助成” 地方版

 

その他の取材

1.2010年8月12日号 週刊誌 女性セブン
“更年期障害で行く女性が選んだいい病院”  全国版

2.2010年12月16日号 週刊誌 女性セブン
更年期ハンドブック  全国版

 

TVの取材を受け院長が出演した番組

*UHB スーパーニュース 特集 不妊治療
(不妊治療のため当院に通院する地方にお住まいの患者さんのドキュメンタリー・・この41歳の方はその後当院で体外受精を行い、妊娠、分娩しました)  7分

*NHK ネットワークニュース北海道
(東川の不妊治療の助成について・・後に全国放送されたようです) 不妊 5分

 

英文論文

*Identification of transferrin receptor in cervical and endometrial tissues: Mizuuchi.H et al.   Gynecologic Oncology ,31,292(1988)

*Clinical implication of K-ras mutation in malignant epithelial tumors of the endometrium: Mizuuchi.H et al.  Cancer Research,  52:2777,1992

*High incidence of point mutation in K-ras codon 12 in carcinoma of the fallopian tube. Mizuuchi.H et al.  Cancer.  1995 Jul 1;76(1):86-90.

その他多数

 

国際学会発表

*Correlative light and scanning electron microscopy in endometrial cytology
第7回国際細胞診学会. ミュンヘン(ドイツ). 1980

*Identification of T cell subsets and B cell infiltrating in endometrial cancer tissues.
国際産婦人科学会. 西ベルリン(ドイツ) 1985

*Identification of transferrin receptor,EGF receptor and S phase cells in normal and cervical malignant tissues.
国際子宮頚部コルポスコピー学会: サンパウロ(ブラジル) .1987

* Clinical implication of K-ras mutation in malignant epithelial tumors of the endometrium
アメリカ癌学会, サンディエゴ(アメリカ) 1992

その他

 

シンポジウム

*免疫学的手法を用いた細胞・組織化学の意義: 第26回日本臨床細胞学会 1987

*子宮体癌における増殖、浸潤に関する検討: 第24回日本臨床電子顕微鏡学会 1992