外陰ヘルペス感染症

外陰部の強い痛みのため外来を受診される方がいます。この時ヘルペスというウィルスによる感染症のことがあります。

これは単純ヘルペスウィルスというウィルスによって、唇や性器などに感染します。このウィルスにはI型とII型があり、I型は口唇の病変が多く、II型はほとんど性器だけに発症します。ヘルペスは接触感染で、飛沫感染はありません。

症状は初めてかかる場合は症状が非常に強くでますが、時に自覚がない場合もあります。性交渉などで感染してから3-7日の潜伏期間後に外陰部に激しい痛みを伴った2-5mmほどの潰瘍や水泡が多数出てきます。足の付け根のリンパ節の、痛みを伴ったはれができたり、熱も38度くらい出ることがあります。痛みのため排尿もできなかったり、座ることもできない方もいます。多くの場合外陰の左右対称にできます。

一度治ってから、後日再発することがあります。この場合はあまり症状は強く出ません。初めてかかって、なおった後でもこのウィルスは神経細胞にひそんで、疲労、ストレス、手術、飲酒などがきっかけで発症します。この再発の場合は他人から移ったものではありません。症状は小さい潰瘍や水泡ができますが、軽い痛みや違和感だけの場合もあります。

治療は心身の安静が基本です。最近はこのウィルスに対する飲み薬、注射や軟膏がありますので、重症でない場合には1週間ほどでかなりよくなります。外陰部にはこのウィルスがたくさんいますので、他人に移さないように気を付けて下さい。軟膏を塗る時は綿棒を使い、一度塗ったら捨てて、次の患部に塗る時には新しい綿棒を使って下さい。水泡の中にはウィルスが大量に含まれていますので、これを破った時には特に注意して下さい。性交渉は治るまでもちろんいけません。また外陰部が湿らないように気を使って下さい。局部を乾燥させるとウィルスの増殖を抑えます。症状がひどい時は入浴は避けて、シャワーにして下さい。その後は充分乾燥させてください。

ウィルスがついた下着は煮沸消毒したり、日光にあてて乾燥させれば安全です。アルコールも有効で、トイレのあとは消毒用アルコールをふくませた脱脂綿で拭くとよいでしょう。

妊娠中に感染した場合には、赤ちゃんに奇形を起こしたりすることはほとんどありませんが、分娩時に産道で赤ちゃんに感染することがあります。この時には赤ちゃんの死亡率は非常に高いので帝王切開で分娩を行います。

なるべく早い時期から治療を開始した方がなおりやすいので、上記の症状が出ましたらただちに病院を受診して頂きたいと思います。