子宮癌の精密検査

細胞診の結果は”がんを想定する”などと表現されるように、最終的な診断ではありません。治療に進む前に組織検査を行い、治療前の最終診断をします。

子宮頚癌の場合:

細胞診で異形成以上の病変が疑われた場合は異常組織を採取し、組織学的に診断しなければなりません。特に異形成の場合は病巣の部分が小さいこともあり、正常の部分の組織を採取してしまえば、正常の結果が出てくる恐れがあります。このため、子宮腟部拡大鏡(コルポスコープ)という顕微鏡のようなもので頚部を拡大して観察し、酢酸で加工した後、異常部分を確認して組織を採取します。
 

 
(頚癌の子宮口をコルポスコープで観察したもの。白い部分が病巣)

子宮体癌の場合:

子宮体癌の精密検査は内膜の組織を掻破して採取します。内膜癌の場合も病巣が小さい場合があり、子宮鏡で子宮内を観察し、病巣の部分を確認したのち組織を採取した方がより正確に診断できますが、この子宮鏡はコルポスコピーほど普及していないため、子宮鏡の観察なしで数カ所から組織を採取することが多いようです。