更年期害のホルモン補充療法に対する最近の考え方

更年期障害のホルモン補充療法は、悪性腫瘍全体ではリスクを上昇させるものではない・・第26回日本女性医学学会(2011.11)より

10年前のアメリカからの発表(平均年齢63歳で肥満,喫煙者など元々リスクが高い人達を対象とした発表)によるホルモン補充療法(HRT)の乳癌のリスクを過剰に評価し、毎日の生活に支障をきたしているにもかかわらずHRTを受けていない方も少なからずいます。アメリカでは、1万人の女性のうち、30人は乳癌になりますが、HRTを5年以上受けている人は38人になったとされています(0.08%のみ上昇)。しかし、この率は航空機の客室乗務員の乳癌発生が5倍(30人が150人に増加)、喫煙者の肺癌の発生率が29倍になることに比較すると非常に少ないものです。また,西洋諸国に比較し、約1/4の乳癌発生率である日本では、厚生労働省の研究班ではHRTを受けている人はむしろ乳癌の発生は低下したと報告されています。下記は今回の学会の報告です。・・・・・

HRTの有効性はさらに検討が進められ,現在では,冠動脈疾患は60歳未満あるいは閉経後10年未満の健康女性ならばリスクは上昇しないこと,欧米でも乳がんに関しては5年未満の施行なら安全であるというコンセンサスが得られており,日本産科婦人科学会、日本女性医学学会のHRTガイドラインもこれに沿って作成されている。
一方,HRT施行による悪性腫瘍リスクの変化は上昇するものだけではなく,逆に大腸がんのように低下するものや子宮頸がんのように不変のものもあるため,これまでの検討では悪性腫瘍全体で見ると,HRTは罹患率のリスクは増加させず,死亡率はむしろ低下させることが報告されている。したがって,確かにリスクの上昇する悪性腫瘍があることは否定できないが,HRTは患者個人として見た場合の全悪性腫瘍では,罹患リスクや死亡リスクを決して上昇させるものではないことが現在の考え方となっている。・・・(HRTを受けていない人の方が癌の死亡率は高くなるということです)
エストロゲン単独療法で乳がんは増加しない・・・乳がんについては,最近報告されたWHIの研究中止後約10年の追跡調査によると,エストロゲン単独療法ではリスクが有意に低下していた。  他の大規模コホート研究(Nurses’ Health Study)でも,20年までのエストロゲン単独療法はリスクを有意に上昇させないと報告されており,リスク上昇への比重はエストロゲンよりも黄体ホルモンの方が大きいと考えられる。