不妊症について

最近、不妊症の患者さんが増加してきているといわれています。およそ夫婦の10組に1組は不妊症であるとされています。不妊症という診断は本邦では正常の夫婦生活で2年間妊娠しない場合につけられます。正常の場合は、最初の1年目に80%の夫婦は妊娠するといわれ、2年間の間に90%の夫婦は妊娠するとされています。アメリカ不妊学会では不妊期間1年で不妊症という診断をしています。最近、本邦でもアメリカでも、女性が35歳以上の場合には、6か月妊娠しなかった時に不妊症として検査を開始した方がいいと言われています。
不妊の原因には下記のようなことがあげられます。
まず、排卵の有無ですが、これには基礎体温を測定します。卵胞が成長してきているかを知るものとして、頚管粘液検査や超音波診断装置による卵胞の大きさの観察などがあります。基礎体温では排卵があると診断された症例の中に、超音波診断を行うと、実際は排卵が認められない症例もあります。
また、二つ目の大きな原因として、卵管の通過が問題となります。いくら排卵が認められても、卵管が閉塞していれば精子と卵子は出会うことができず妊娠はしません。卵管の状態をみるには子宮卵管造影を行います。
次に、子宮内膜の状態が問題となります。卵子と精子が卵管で受精した後、この受精卵は子宮に降りて子宮内膜に付着(着床)します。しかし、子宮内膜の受け入れ状態が悪ければ、受精卵は子宮内膜に着床しません。すなわち、せっかく受精まで行っても妊娠が継続しないことになります。そこで、内膜を着床に適した状態にする黄体ホルモンの測定や経腟超音波での内膜の厚さの測定などによって内膜の状態を観察します。
もう一つ大きな要因として精子の状態があります。不妊症の原因は男性側にある場合もあり、不妊の原因を女性側と男性側に分けると男性に原因がある場合が30-50%もあるとされています。
全く異常が認められない夫婦が排卵日に性交を行っても、一ヶ月で妊娠する率は25%前後とされています。つまり、全ての妊娠の条件が整っていても、排卵周期の80%前後は妊娠しないということです。まして不妊症の患者さんの場合は何らかの原因がある場合が多いわけですから、根気よく治療を行っていただきたいと思います。2年間の治療で不妊症患者の約50-60%は妊娠するとされています。当院では妊娠した方の約半数の方は6か月以内に妊娠しています。妊娠した方の8割の方は1年以内に妊娠しています。1年過ぎても妊娠しない方は、年齢、不妊期間、治療歴などにもよりますが、人工授精、体外受精も考慮しなければなりません。