東洋医学と不妊

・針(良導絡・りょうどうらく)

女性には冷えの方が多く、この冷えが女性の病気を引き起こす原因となっていることがあります。また自分では冷えを自覚していない方もいらっしゃいます。
冷えは末梢血管の収縮が原因ですが、この血管の収縮が子宮や卵巣の血流の低下をもたらし、血液循環が悪くなり、体内で鬱帯、鬱血を起こします。子宮や卵巣へ新鮮な酸素や栄養が運ばれず、機能の低下をもたらします。排卵時に子宮内膜が厚くならないことや卵巣機能不全、排卵障害、また排卵誘発剤の効果の低下の原因となります。
当院では、従来の西洋医学的な治療の他に、東洋医学である、漢方や針治療を行ってきましたが、2007年よりさらに積極的にこれらを取り入れることに致しました。
アメリカを含め、世界各国で産婦人科医の指導のもと、針による不妊治療が行われ、論文発表も多数あり、針治療の効果は世界では認知されつつあります。しかし、古くから東洋医学を行って来た日本では、針の不妊治療への応用は鍼灸師からの報告以外に、医師からの発表は残念ながらありません。これは針治療を行える医師、特に産婦人科の医師がほとんどいないことと、針治療について医学部で学生時代に習ったことがないこと、針治療を自ら経験した事がない医師が多いためその効果を理解できないこと、などによります。
当院で行っている良導絡治療は、京都大学生理学教室で研究、確立した手技で、東京オリンピックなどの選手の治療にも使用されて高い効果が認められたことから発展し、日本良導絡学会にまで成長した手技です。当院では院長が針治療を行いますが、大学病院勤務時代を含め、30年以上のはり治療経験を有しています。
従来の伝統的な針治療よりさらに効果の高い針治療を、不妊で通院されている患者様に提供したいと考えていますが、不妊症の原因により、針をやっても意味がないこともあります。まず、産婦人科医により不妊症の原因を確認したうえで針治療を受けなければ無駄な治療を行うことにもなりかねません。下記の方は針治療の適応になります。

良導絡の適応となる方・・

  • 明らかな不妊原因がないが妊娠しない方
  • 子宮内膜が排卵時にも厚くならない方
  • 排卵が起きにくい方
  • 排卵があっても、黄体機能がよくない方  など

すべての例で改善が得られる訳ではありませんが、現在の西洋医学的不妊治療では有効な方法がない時の手段として試みるべき方法と思います。

・漢方薬による不妊治療

漢方薬が不妊に効果があることはすでに多数報告されています。当院では日本東洋医学会漢方専門医である院長が不妊の状態に適した漢方処方いたします。